フクダグループで働く人々

1~5年目

フクダハウジング

2012年 入社
建築設計研究科 卒
フクダハウジング
新築グループ 建設チーム
岩瀬 清人

仕事内容・担当業務と、そのやりがいを教えてください。
新築住宅の工事現場を担当しています。現在は一人で複数の現場を管理しており、お客様へのお引渡の瞬間は、無事に引渡せたという安堵感と共に、お客様の笑顔が何より嬉しいです。
学生へのメッセージをお願いします。
社会に出て感じたことは、もっと勉強に取り組めば良かったと後悔している点です。学生時代は、学べる環境や学べる時間があると思いますので、日ごろから大切にしてください。そして、勉強だけではなく、多くの友人と楽しい時間を過ごしてください。
一覧へ戻る
フクダハウジング

2012年 入社
自然科学研究科 環境共生科学 卒
フクダハウジング
新築グループ 建設チーム
宮島 雄代

思い出深いエピソード
お引き渡しをした施主様の住宅の隣で、約1年後に新築の工事現場を担当することになりました。ちょうど、工事現場で建物の構造検査をしていた際、施主様のお子様が自分の名前を友達に話をしていたのを耳にしました。後々の話になりますが、当時施主様のご家族の中で私の話をしていたようで、その関係でお子様にも親近感を持っていただいたのではないかと思います。
職場の雰囲気は?
業務上で分からない点があれば、周囲の先輩方より、たくさんの解決方法を提案してくれる頼もしい職場です。工事現場の業者様も同様、一流の知識と技術で協力していただき、毎日助けられています。
一覧へ戻る
レックス

2010年 入社
工学部 建築学科 卒
レックス
新潟営業所 工事課
池田 帆志

仕事内容・担当業務と、そのやりがいを教えてください。
下水道本管(250㎜~500㎜)の修繕工事を主に行っています。穴を掘らずに特殊な機械を管に入れて、補修材を注入し作業をします。下水道管なので、地上で目に見えてはこない仕事ですが、経年劣化や自然災害などが起こる前にライフラインを補強しているので、地域を守っているという自覚が芽生えました。
学生へのメッセージをお願いします。
正直、学校の勉強が会社に入って仕事に直結し役立つかと言えば、自分はNOでした。年齢も考え方も違う人たちと一緒に仕事をするのだからうまくいくはずがないです。多少の叱咤激励は日常茶飯事。それでも行けます!というタフな学生大募集です。
休日の過ごし方を教えてください。
3歳と0歳の子供がいるので、普段相手をしてあげられない分、人間アスレチックになっています。疲れますが笑顔になれます。
一覧へ戻る
福田道路

2010年 入社
工学部 都市環境学科 卒
福田道路
直轄事業部 工事担当
藤井 隆志

入社のきっかけ(志望動機)は?
子供のころからものづくりが好きだったので、大きな現場を作る現場監督になってみたいと思っていました。今いる会社は全国各地で大きな仕事をしているし、会社を訪問したときの雰囲気も非常に良かったのが入社の動機です。
学生時代に学んだことが仕事で生かせた経験はありますか?
大学のときは建築を学んでいたので、現在の舗装の仕事で直接役立つことは少ないです。しかし大学で部活動を頑張ったことは、今の仕事に向かう姿勢にとても役立っていると思います。勉強でなくても何かに打ち込むことが大事になると思います。
一覧へ戻る
福田組

2010年 入社
工学部土木工学科 卒
福田組
土木部
横井 斎

思い出深いエピソード
どの現場も思い出深いのですが、すべてに共通することは、竣工時には大きな達成感を味わうことができるということです。竣工するまでの過程で苦労しても、終わってみるとその苦労以上に喜びを感じることができます。過程の中の苦労も良い経験になるし、最後の達成感はこの仕事の大きな魅力だと思います。
今後の目標は?
多くの専門知識を習得し、技術者としての幅を広げること、あらゆる状況に対応できる人間になることです。そのためにも何事にも興味を持ち、妥協をせず、探究心を持つことを心掛けます。
また、この仕事を通じて、多くの人に「ものづくり」の素晴らしさを伝えられたらと思います。
一覧へ戻る

6~10年目

レックス

2009年 入社
環境・建築学部 環境土木工学科 卒
レックス
下越営業所 工事課
稲田 洋平

仕事内容・担当業務と、そのやりがいを教えてください。
トンネルや用水路などのコンクリート構造物の補修を行っています。自分たちの仕事は、「作ること」よりも、「いまあるモノを更に生かす」こと。老朽化が進んだ構造物を調査し、耐久性に優れたモノに生まれ変わらせます。同じ構造物でも劣化具合などにより工事方法が違うため、段取りや品質の管理項目が毎回違い、色々と気苦労します。しかし、工事が事故もなく完成すると、達成感と安心感が湧き上がります。
失敗談はありますか?
国道のガードレール設置工事のときのことです。ガードレールの柱を地面に打ち込む作業をしていましたが、地中に岩があるという情報があり、岩削機という機械で岩を砕いたところ、岩ではなく下水道管をちょっぴり削ってしまいました。土木工事では基本となる、埋設物の確認の重要性を身に染みて感じました。
一覧へ戻る
福田組

2009年 入社
工学部 環境建設工学科 卒
福田組
土木部
数間 藍

仕事内容・担当業務と、そのやりがいを教えてください。
現在は、浸水被害の解消を目的としている放水路整備事業の一環として、排水樋門(コンクリート構造物)の構築及び堤防の嵩上げ工事を行っています。現場の測量、写真管理、材料の手配、作業指示、安全管理を担当しています。自分で計画したものが形になって現れたときは、大きなやりがいを感じます。
今後の目標は?
専門知識を習得し、「この人はいろんなことを知っているから、良いアドバイスがもらえそうだ」と思われるような技術者になりたいです。現在は入社6年目で経験が浅いですが、今後多くの工種を経験して、技術者としての知識を増やしていきたいです。
一覧へ戻る
フクダハウジング

2008年 入社
建築設計研究科 卒
フクダハウジング
新築グループ 設計チーム
涌井 健太郎

仕事内容・担当業務と、そのやりがいを教えてください。
新築住宅の設計業務を担当しています。実際には、お客様と何度も打合せを行い、お客様の思いとフクダハウジングの想いを融合し、最後はかたちにしていきます。お客様と直接接するので、ご意見を頂戴するケースも多く、本当にたくさんのことを学ばせてもらっています。
学生時代に学んだことが仕事で生かせた経験はありますか?
資格試験への挑戦です。私は学生時代に2級建築士を合格しましたが、合格によって自分自身も知識が増え、自信にもつながりました。また、学生時代には工事現場の実務担当の方々と直接お話する機会があり、当時は貴重な経験となりました。
一覧へ戻る
福田道路

2007年 入社
工学部 建設システム工学科 卒
福田道路
直轄事業部 工事担当
三上 泰裕

仕事内容・担当業務と、そのやりがいを教えてください。
現在は、茨城県の国道拡幅工事で、監理技術者(工事の施工監理)をしています。作業を管理、指示するとともに、事故の危険性がないか、沿線の方々に迷惑が掛かっていないかを確認することも重要な仕事の一つです。無事に工事が終わり、道路ができたことを住民のみなさんに喜んでもらえるように、日々工事をしています。無事故で完了したときは、本当にほっとします。
休日の過ごし方を教えてください。
本を読むのが好きなので、一日中読んでいることもあります。また、仕事柄日本のあちこちを訪れることがあるので、知らない場所ではよく観光に出かけます。
一覧へ戻る
福田組

2006年 入社
工学部 建築工学科 卒
福田組
建築部
阿部 サチ

入社のきっかけ(志望動機)は?
構造設計がやりたいという思いで入社しました。建設会社を選んだ理由は自分で設計した建物を同じ会社で施工できるところに魅力を感じたからです。経済性や、施工のしやすさを考えながら設計することはとても大変ですが、営業や現場監督の皆さんと協力して完成まで関われるので達成感があります。
学生へのメッセージをお願いします。
建設会社の設計部は大学院卒でないと採用してくれない会社もありますが、福田組はやる気さえあれば学部卒でも採用してくれます。やる気を見せて、入社してください。お待ちしています。
一覧へ戻る

11年目~

興和

2003年入社
農学生命科学部 地域環境科 卒
興和
工事部
福士 拓哉

仕事内容・担当業務と、そのやりがいを教えてください。
崖崩れが起きそうな斜面の防災工事の現場施工管理を行っています。防災工事は、直接地域住民の生活を守る工事が多いので、工事後に「ありがとう、これで安心して生活できるよ」などと、お言葉を掛けていただけると頑張って良かったなぁと思います。
休日の過ごし方を教えてください。
2歳になる長男と生まれたばかりの長女と遊んでいます。特に長男は最近言葉を覚え始め、なんとなく会話ができるようになりました。子供と会話をしていると、改めて、親になったんだなぁと実感します。
一覧へ戻る
興和

1996年 入社
工学部 土木工学科 卒
興和
調査部
井藤 嘉教

地質調査の仕事をしようとしたきっかけは?
私は、公園や裏山で泥だらけになりながらトンネルや秘密基地をつくるのが好きな少年でした。そんな性格からか、建設に関わる仕事がしたいと思っていました。大学で様々なことを学ぶうち、建設の先駆けである地質調査に興味を持つようになり、地質調査のプロである興和を選びました。
株式会社興和の未来像は?
興和には、高い技術と多くの実績があります。地元新潟の地質を知り尽くしている当社は、いわば「町医者」です。町医者は、豊富な知識や技術、経験があり、地域から頼りにされる存在だと思います。これからも、地域の人々の安全で安心な生活を守るために、会社一丸となってがんばっていきます。
一覧へ戻る
福田道路

1993年 入社
農学部 農業工学科 卒
福田道路
地域事業部 工事担当
渡邉 雅基

思い出深いエピソード
会社に入ってまだ10ヶ月ぐらいのとき、現場が終わり竣工書類を作っていました。提出は来週月曜日。土曜日、日曜日もあるから大丈夫だと思っていましたが、日曜日夜9時、ずーっとやっていたにもかかわらず、まったく終わりません。ヤバイと思ったとき、当時の工事課長が「書類、できたか?」と手伝いに来てくれました。そして朝の4時まで一緒に書類を手伝ってくださいました。心の中で泣きながら仕事をしたことを覚えています。
学生へのメッセージをお願いします。
今まで経験してきたテストと違い、努力しても結果がついてこないこともあります。でも、それらは決して無駄ではなく、自分のためになります。自分が胸を張って納得できる進路に進んでほしいと願っています。
一覧へ戻る

※掲載内容は2015年2月時点の情報です。

先輩社員一覧

フクダグループで働く人々 フォトギャラリー